値が飛んだ時のロスカット注文が通らない時の国内・海外FX業者の違い

image

 

保有する通貨が上昇・下落して
証拠金が不足しそうになると
自動的にロスカットされる仕組みを
どのFX業者も採用しています。

ただ
スイスパニックのような
値が飛んでしまった時には
ロスカット注文が通らず
証拠金が不足した場合は
国内FX業者だと
債務という形で
追証が発生します。

この追証は
FX業者への債務になることから
法律では借金として扱われ
返済義務が発生します。
 
これって
ロスカット注文を設定している
トレーダーの責任なのでしょうか?
いささか疑問を感じてしまいます。
国内FX業者の追証については
トレーダーの資産を守るものではなく
FX業者の資産を守ることだと考えてしまいます・・・
 
海外FX業者(一部除く)の場合
ロスカット注文が通らなくて
証拠金以上の損失を被った場合
ロスカットに失敗した
FX業者の責任として
トレーダーが追証(借金)を
支払う義務が発生しません。
これは『ゼロカット』と呼ばれていて
トレーダーを守る仕組みとして
海外FXではスタンダードになっています。

国内FX業者だと
システムが使用しやすく
入出金も容易で便利ですが
追証=借金のリスクがあります。
数年に一度のパニック相場に備えるため
ゼロカットを採用している
海外FX業者で運用してみるのも
リスクヘッジの意味でありだと思いますよ!

ゼロカット採用で
リスク管理できる海外FX口座はここ。
※キャッシュバックも貰えます!

ゼロカット採用!
888倍のレバレッジで大きな勝負ができる
XM.COM

ゼロカット採用!
海外FX口座で珍しい信託保全がある
AXIORY

ゼロカット採用!
日本FX業者並みの狭いスプレッド
LandFX

人気記事等々一覧
・【重要指標】で利益を積み上げる2つの方法
・【年間54万】キャッシュバック貰おう!
・【追証なし】スイスショックから考える海外FX
・【便利】売買結果メール
・【便利】EAの運用状況が一目でわかる!
・【便利】そのEA複利運用対応に!
・【総額25万円】自動売買EAプレゼント!

運営者たろーこんな人間です!
・【プロフィール】たろーです!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s